アルバイト初日の心得

アルバイト初日の心得

大学生や、あるいは最近では高校生になれば

アルバイト初日の心得
● 32歳 女性
大学生や、あるいは最近では高校生になれば、多くの人はアルバイトを始めると思います。
アルバイトは、社会人になる為の予行練習の様なもので、社員よりは軽い条件で、社会の仕組みや上下関係を学ぶ機会となります。そんなアルバイトの初日の心得として、大切なことがいくつかあります。まずは、時間には遅れないこと。これは社会人になった時には、常識となり必要不可欠な心得となります。時間を守れるかどうかは、その人の信用に大きく関わってくるからです。

その次に、仕事内容を教えてくれる人に対しては、謙虚な気持ちで学ぶこと。こんなことをいきなり言われても難しいかもしれませんが、とにかく最初は言われたことを、まずその通りにやってみるということです。
やってみるうちに、ここはこう改善した方が良いと思えば、それから提案していけば良いのです。

そして、挨拶を忘れないこと。挨拶は人間関係の基本です。
時間厳守同様、挨拶が出来るか出来ないかは、その人の人間性の善し悪しの判断にも関わってきます。
初日はまず、何も分かっていないのですから、とにかく大きな声で明るく挨拶をしましょう。初日の心得というのは、このくらいが最低限の事だと思います。初日は多かれ少なかれ緊張するものですし、アルバイト先もそれを分かっていると思います。基本的なことを忘れずに、アルバイトへ向かいましょう。

注目の情報