アルバイト初日の心得

アルバイト初日の心得

アルバイトといいますと、パン屋さんで働いていたことがありました

アルバイト初日の心得
● 75歳 女性
アルバイトといいますと、パン屋さんで働いていたことがありました。
早朝は日の出前に出勤。3時とか4時とか、そんな時間から行っていました。

初日の心得としては、なんといっても、まず遅刻をしない事。これだけは絶対です。
多少風邪をひいていてつらい時も、必ず時間通りに行く。これだけは外せないと思います。パンといったら生モノと同じですから、新鮮さが売り。アルバイトさんといえど、急に休んで人手が足りなくなれば、袋に詰める作業や切り分けて並べるのが遅くなりますので、それだけ新鮮さがなくなります。だから、初日は目覚まし時計を何個もかけて、時間通りに行く事をおすすめします。
それから、清潔感も必須アイテムかもしれません。初日から髪はぼさぼさ、服はダラダラ、ひげは伸び放題というのでは、食品などを扱う仕事ではまず無理でしょう。初日となると、ほとんど仕事もしないで説明だけ受ける、ということになるわけですが、それでもお給料は出ます。
なので、無料で働くくらい言ってはどうでしょうか。