アルバイト初日の心得

アルバイト初日の心得

バイトの初日を万全な状態で仕事をするために

アルバイト初日の心得
● 39歳 女性
バイトの初日を万全な状態で仕事をするために、面接時、又は後日(バイト出勤日の前日までに)に責任者の方へ、持ち物など(筆記用具、印鑑、その他)確認の電話をすることが大事です。
それでも、面接を受けたり、職場を見学したときの様子が違ったり、自身が緊張して、失敗して、戸惑ってしまうこともあるので、できる準備は、事前に用意することが大切です。
(本人が安心できると思います。)面接官とは、面識があっても、実際、職場で働く場合は、初対面の方がほとんどなので、挨拶を忘れないようにします。(おはようございます。お疲れ様など。バイト先によっては、夕方でもおはようございます、という場合があるので、確認した方が良いかもしれません。)プライベートなことや仕事に関係ない私語は、基本的にしない方が良いです。
(1〜2週間は、しない方が好感がもてるかもしれません)相手が話してきてもあいづち程度で、軽く聞き流し、自分からノリノリで話をしないように。
基本は、お仕事を教えてもらうことに専念します。仕事ができても、人間関係が浅い時期は、私語が多い人のことは、仕事が出来ない印象を持たれ、責任者の方のはじめの評価が絶対悪くなるので、すぐクビになるかもしれません。
きちんとした引継ぎマニュアルがない職場は、小さなメモ帳が持ち込み可能であれば、メモを取って覚えておくといいです。
大体、バイトさんがバイトを教えるので、同じことを何回も聞かれるとイライラされて、職場環境が悪化します。マニュアルがなく、メモもダメという職場は、必死で脳みそフル回転するか、その職場で働くこと自体をあきらめることをオススメします。